海外仮想通貨取引所MEXC (旧MXC) の評判やメリット・デメリット、使い方を徹底解説

この記事のポイント
  • MEXCは2018年に設立された海外仮想通貨取引所
  • 複数の国で金融ライセンスを取得しており、信頼性が高い
  • MEXCは取り扱い通貨が非常に多い
  • 独自トークン「MXトークン (MX) 」の利用や保有でIEOやエアドロップに参加できる

海外仮想通貨取引所MEXC (旧MXC) は、2018年に設立された比較的新しい海外仮想通貨取引所です。

あまり日本のユーザーには馴染みがない取引所かもしれませんが、世界170ヶ国以上でサービスを展開しており、ユーザー数も500万人以上いる世界的に大手の取引所です。

取り扱い通貨数が非常に多いうえに、上場スピードも早く、BINANCEなどに上場していない草コインも多く取り扱っています。

また最大レバレッジ125倍のデリバティブ取引をはじめ、さまざまなサービスが展開されているのも特徴です。

本記事では、海外仮想通貨取引所MEXCの特徴や評判、口座開設方法、使い方などを解説していきます。

【MEXC × 海外投資navi】当サイト限定タイアップキャンペーン実施中!

当サイトからMEXCで口座開設した方は、取引手数料が10%オフ! さらに、170USDT相当のボーナスを獲得できるキャンペーンを実施中!

 

キャンペーン内容:

  • 取引手数料が10%割引
  • 入金額100USDT以上&取引高500USDT以上を達成で、20USDT相当のビットコイン (BTC) をGET
  • 先物取引アカウントに1,000USDT以上入金することで、50USDT分の先物取引ボーナスをGET
  • 先物取引で取引高5,000USDT以上を達成で、100USDT分の先物取引ボーナスをGET
  • さらに、一定条件を満たした方から抽選で5名に200ドル相当のビットコイン (BTC) をプレゼント

 

参加方法:

下記のボタンからキャンペーンページにアクセスをして口座開設を行った後、再度キャンペーンページにアクセスして「イベントに参加」を押してください。

※詳細や注意点等はキャンペーンページでご確認ください。

 

目次

MEXC (旧MXC) とは

mexc 仮想通貨

MEXCの基本情報
会社名 MEXC (MXC) Exchange
本社所在地 Sertus Chambers, Second Floor, The Quadrant Manglier Street, Victoria,Seychelles
設立年 2018年
取り扱い通貨数 1,500種類以上
取引手数料 Maker:0.2% / Taker:0.2%
最大レバレッジ 125倍
日本語
スマホアプリ

MEXCは2018年に設立されて以来、急速なグローバル展開を続けている仮想通貨取引所です。

2022年現在、全世界170ヶ国でサービスを展開しており、利用ユーザー数は500万人以上です。また、1日の取引高は20億ドル以上にも及びます。

mexc

MEXCが展開している国やユーザーの数

MEXCの特徴は、豊富な取り扱い通貨数と多様なサービスです。

MEXCでは現物取引やマージン取引、最大レバレッジ125倍の先物取引のほか、以下のようなサービスを展開しています。

  • OTC取引
  • 上場投資信託 (ETF)
  • インデックス投資
  • ローンチパッド (IEO)
  • エアドロップ
  • DeFi
  • ステーキング

仮想通貨に関するサービスが充実しているので、自分のスタイルに合わせて稼ぐことができる取引所です。

MEXC (旧MXC) の信頼性や安全性

世界的には大手の取引所であるMEXCですが、日本ではまだあまり知名度が高くありません。

知名度が高くない取引所の利用を検討する際に気になることの1つは、信頼性や安全性でしょう。

その観点では、MEXCは設立以来、世界4ヶ国で金融ライセンスを取得しています。

また、それぞれのライセンスの信頼度も高いため、MEXCは信頼性や安全性が高い取引所と言えます。

mexc ライセンス

MEXCの保持するライセンス

MEXCが金融ライセンスを取得している国は以下の4ヶ国です。

  • アメリカ
  • カナダ
  • スイス
  • エストニア

また、2021年の10月にドバイで開催された「Crypto Expo Dubai」で、アジアで最も優れた取引所に贈られる「Best Crypto Exchange Asia」を受賞しています。

mexc

Best Crypto Exchange Asia

MEXC (旧MXC) の日本語対応

MEXCは多言語に対応しており、日本語でも利用できます。

日本人ユーザーにも利用しやすい海外取引所です。

取引画面やチャートを日本語で表示を変更させるためには、サイトの右上の「English/USD」にカーソルを合わせて「日本語」を選択してください。

mexc 日本語

\ 当サイト限定キャンペーン実施中! /

MEXC (旧MXC) のメリット6点

MEXCのメリットは以下の6つです。

MEXCのメリット6点
  • 取り扱い通貨数が非常に多い
  • 通貨の上場スピードが速い
  • 先物取引の流動性が高い
  • MXトークン (MX) の利用で取引手数料の割引やIEO、エアドロップへの参加が可能になる
  • 対応しているブロックチェーンが多い
  • 他の取引所や多数のブロックチェーンプロジェクトと提携済み

それぞれのメリットについて、1つずつ詳細を解説していきます。

取り扱い通貨が非常に多い

MEXCは、取り扱い通貨数が非常に多いのが特徴です。

2022年8月時点で、1,500種類以上の仮想通貨が上場しています。

そのため、有名な仮想通貨に関してはほとんど網羅されており、取引したい通貨が見つからないということは少ないでしょう。

以下は、主な海外取引所とMEXCの取り扱い通貨数を比較した表です。

海外仮想通貨取引所の取り扱い通貨比較
取引所 取り扱い通貨数
MEXC 1,500種類以上
BINANCE 360種類以上
Bybit 140種類以上
Huobi Global 440種類以上
KuCoin 600種類以上
Coinbase 150種類以上

海外取引所は国内取引所と比較して取り扱い通貨数が多いのが特徴ですが、その中でもMEXCは群を抜いて取り扱い通貨数が多いのが分かるかと思います。

上場スピードが速い

MEXCは取り扱い通貨数が多いのではなく、通貨の上場スピードが速いのも特徴です。

以下は、柴犬コイン (SHIB) の上場時期を他の海外取引所と比較したグラフです。

mexc

MEXCは通貨の上場スピードが速い

MEXC上場時点での柴犬コイン (SHIB) の価格は0.0000003ドルでしたが、BINANCEへの上場直後は0.00003503ドルまで上昇しており、約110倍になっています。

このようにMEXCは他の取引所と比較して通貨の上場スピードが早いため、将来高騰する通貨を低価格で購入できるチャンスがあるのです。

先物取引の通貨ペアも上場スピードが速い

mexc 仮想通貨

MEXCでは現物取引だけでなく、先物取引でも話題のトークンをいち早く上場させています。

先物取引の流動性が高い

MEXCは、先物取引の流動性が高いのも特徴です。

流動性が高いと、

  • 注文が約定しやすい
  • 理不尽な価格の変動が起きづらい

といったメリットがあります。

mexc 仮想通貨

MEXCは他の取引所と比較して流動性が高い

上記は、2021年の年末から2022年の年初におけるビットコイン (BTC) とイーサリアム (ETH) の、主要な海外取引所の板の深さをグラフにしたものです。

他の海外取引所と比較して、MEXCは板が厚い ( = 流動性が高い) ことが分かります。

MXトークン (MX) の利用で取引手数料の割引やIEO、エアドロップへの参加が可能になる

MEXCでは、MXトークン (MX) という取引所独自のトークンを発行しています。

MXトークン (MX) を利用または保有すると、以下のような特典を受け取ることができます。

mexc

MXトークン (MX) の利用・保有で受けられるサービス一覧

  • 取引手数料が20%割引される
  • IEOに参加できる
  • エアドロップイベントに参加できる
  • 上場させたい通貨に投票できる
  • DeFiやステーキングサービスを利用できる
MEMO
IEOとは、取引所を通じてプロジェクトがトークンセールを行うこと。

取引所が審査を行ったプロジェクトのトークンのみが販売されるため、詐欺プロジェクトに投資してしまう可能性が低い。

MEMO
エアドロップとは、プロジェクトが無料で仮想通貨やトークンをユーザーに配布すること。

新規プロジェクトが知名度を上げるために行われることが多い。

無料でもらった仮想通貨に高額な値が付き、大きな利益を上げる投資家も多く出てきている。

MXトークン (MX) は将来性が高い

MXトークン (MX) の総発行数は10億万枚で、MEXCは取引手数料の利益100%を使って買い戻し、バーンを行っています。

最終的には1億枚までバーンする予定で、それに伴いMXトークン (MX) の価値が上がることも望まれます。

MXトークン (MX) は2021年から価格が上昇し続けており、現在は210円付近を推移しています (2022年2月時点) 。

MEXC

引用元:CoinMarketCap

実際に、バイナンスコイン (BNB) をはじめとする他の取引所の独自トークンと比較しても、その価格上昇率は非常に高くなっています。

対応しているブロックチェーンが多い


仮想通貨を取引所に入金したり取引所から出金する際には、入出金先の取引所やウォレットと同じブロックチェーンを選ばなければいけません。

MEXCは入出金で対応しているブロックチェーンが多いため、手数料や送金時間を考えて選ぶことができます。

他の取引所や多数のブロックチェーンプロジェクトと提携済み

mexc

MEXCのパートナー一覧

MEXCは日本人にも人気の海外取引所であるBybitと提携しており、それぞれの取引所の独自トークンを互いに上場させるなどの関係を築いています。

また、複数のVCやブロックチェーンプロジェクトともパートナーシップを結んでおり、今後のさらなる成長が期待できます。

\ 当サイト限定キャンペーン実施中! /

MEXC (旧MXC) のデメリット2点

MEXCのデメリットは以下の2つです。

MEXCのデメリット
  • 日本語が完全ではない
  • 取引手数料が高い

日本語が完全ではない

先述したように、MEXCの公式サイトは、取引画面やチャートが日本語に対応しています。

ただし、キャンペーンの詳細やQ&Aは英語のままになっていたりと、完全に日本語に対応しているわけではありません。

トラブルが起こったり情報が欲しい時には英語で調べる必要があります。

取引手数料が高い

MEXCの取引手数料は取引方法やMaker/Takerに関わらず一律で0.2%です。

一律という点はわかりやすいですが、他の取引所と比べると高めの設定になっています。

取引手数料はMXトークン (MX) で支払うと20%割引になるので、MEXCで取引する際は積極的に利用していきましょう。

MEXC (旧MXC) でかかる手数料一覧と取引手数料の割引を受ける方法

\ 当サイト限定キャンペーン実施中! /

MEXC (旧MXC) の使い方

mexc 仮想通貨

「ファイナンス」から各種サービスを使うことができます

MEXCのページ上の「ファイナンス」からは、ローンチパッド (IEO) やエアドロップなどのイベントに参加することができます。

これらは将来有望な通貨やトークンを上場前に安価または無料で入手できるため、大きな利益を期待できるでしょう。

期間限定で開催され開催頻度もかなり高いため、こまめにチェックしましょう。

また、IEOやエアドロップ以外にも年利1.000%超えのDeFiやステーキングサービスも実施しています。

  • ローンチパッド
  • キックスターター
  • MX-DeFi
  • M-Day
  • スロットオークション
  • MEXCステーキング
  • ETHステーキング

ローンチパッド

ローンチパッドではIEOに参加することができます。

MEXCでMXトークン (MX) を保有していると、IEOを利用して公開価格より安価に通貨をやトークンを購入できます。

上場前の仮想通貨を購入しておくことで、上場後に価格が跳ね上がり大きな利益を得られるかもしれません。

取得しているライセンスで裏付けられているようにMEXCの信頼性は高いため、安心してIEOで仮想通貨を購入できるでしょう。

キックスターター

キックスターターでは、上場前のトークン (プロジェクト) に投票することができます。

投票にはMXトークン (MX) やテザー (USDT) などの指定の仮想通貨が必要です。投票に使った仮想通貨は、イベントが終わるまでロックされ使えなくなります。

投票されるトークンには目標が定められていて、目標に達すると上場され、賞金として投票したトークンの分配と投票に使った仮想通貨を受け取れます。

上場を果たさない場合でも投票に使われた仮想通貨は返還されるため、投票には実質無料で参加可能です。

MX-DeFi

MX-DeFiでは、MXトークン (MX) や新規上場した仮想通貨を流動性マイニングしたり、ビットコイン (BTC) やイーサリアム (ETH) などをステーキングしたりできます。

ロック期間があるためリスクはありますが、年利が1,000%を超えるものもあり、有効活用できれば一気に資産を増やせるでしょう。

M-Day

M-DAYでは、仮想通貨のエアドロップに参加することができます。

期間中の取引高やMXトークン (MX) の保有量に応じてチケットが配られ、抽選に当たると仮想通貨を受け取れます。

取引高や保有量だけで抽選に参加でき、参加するためのリスクは少ないためこまめにチェックしてみましょう。

スロットオークション

スロットオークションでは、ポルカドット (DOT) のパラチェーンスロットオークションに参加できます。

ポルカドットはWeb3.0の世界を実現するために立ち上げられたプロジェクトで、ポルカドット (DOT) のブロックチェーンにつなげるブロックチェーンを決めるためにパラチェーンオークションを始めました。

参加するためにはポルカドット (DOT) を投票先のブロックチェーンに最長約2年間預けなければいけません。

投票したプロジェクトが勝利すると、プロジェクトの独自通貨を受け取ることができます。

MEXCステーキング

ステーキングプールでは、仮想通貨をステーキングすることができます。

固定とフレキシブルを選ぶことができ、固定の場合はロック期間後に報酬を受け取れ、フレキシブルの場合は毎日報酬を受け取れます。

フレキシブルは年利が比較的低いですが、いつでも引き出せるのが特徴です。

ステーキングプールは上限が決められているので、人気な通貨は受け入れを終了している場合があります。

ETHステーキング

ETHステーキングでは、ETH2.0ステーキングに参加できます。

ETH2.0はイーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するために、別の技術を用いてブロックチェーンを改善しようとする計画です。

イーサリアム (ETH) を預ける必要がありますが、ETH2.0が実装されるまで引き出すことはできません。

\ 当サイト限定キャンペーン実施中! /

MEXC (旧MXC) の評判・口コミ

ここでは、MEXCを実際に利用したユーザーの評判や口コミを紹介していきます。

良い評判①:取り扱い通貨が多い

日本人にも人気の海外取引所であるBybitとの取り扱い通貨数の比較です。

最近ではBybitも積極的に新規の通貨を上場させており、取り扱い通貨数は決して少なくありません。

しかし、取り扱い通貨数の1,100種類以上のMEXCは、その10倍近い取り扱い通貨数を誇ります。

MEXCは次々と仮想通貨を上場させるため、上場前は価格が少なくても上場してから価格が高騰する仮想通貨も珍しくありません。

しかし、上場している仮想通貨の価格が必ずしも上昇するとは限らないため、仮想通貨の安全性や信頼性を調べてからトレードしましょう。

良い評判②:通貨の上場スピードが速い

MEXCは通貨の上場スピードが速いという口コミです。

将来有望な通貨や話題になっている通貨をいち早く入手できるため、利益を出しやすいのがメリットです。

良い評判③:エアドロップで稼ぐことができる

MEXCではエアドロップを頻繁に行なっています。

当選すれば無料で利益を得ることができるため、こまめにチェックしましょう。

良い評判④:本人確認 (KYC) が簡単

MEXCはアメリカやカナダ、オーストラリアなどの国で信頼性のあるコンプライアンスライセンスを取得しています。

また、MEXCは本人確認を完了させていなくても1日10BTCまで出金することができます。

本人確認もとても簡単で承認もかなり早いため、仮想通貨取引を手軽に始められます。

悪い評判①:iOS版のアプリがない

MEMO
2022年5月にiOS版のアプリもリリース済みです。

2022年3月現在、MEXCのiOS版のアプリは審査中です。

iPhoneユーザーにとってはやはり不便なようです。

悪い評判②:取引所名を変更したことが浸透していない

MEXCはもともと「MXC」という名称の取引所でした。

しかし、名称変更が浸透しておらず、取引所そのものが廃止されてしまったのではないか勘違いしてしまっている方もいるようです。

\ 当サイト限定キャンペーン実施中! /

MEXC (旧MXC) の利用がおすすめな人・おすすめでない人

ここまで紹介してきたMEXCの特徴やメリット・デメリットを踏まえて、ここではMEXCを利用するのがおすすめな人とそうでない人について説明していきます。

MEXC (旧MXC) の利用がおすすめな人

MEXCの利用がおすすめな人は以下のような人です。

MEXCがおすすめな人
  • 草コイン投資をしたい人
  • IEOやエアドロップで安全に稼ぎたい人
  • 最大125倍のレバレッジで先物取引をしたい人

草コイン投資をしたい人

MEXCは取り扱い通貨数が非常に多いうえに、通貨の上場スピードが速いのも特徴です。

BINANCEなどの大手取引所に上場する前の安価な通貨やトークンを入手し、ガチホして後に大きな利益をあげたい人にはおすすめの取引所と言えるでしょう。

IEOやエアドロップで安全に稼ぎたい人

IEOはBINANCEなどの大手取引所でも実施していますが、参加者が多く利益を上げるのが難しくなっています。BINANCEと比較すると、MEXCはIEOで利益を出しやすい取引所です。

また、IEOもエアドロップも両方ともMEXCの審査を経ているため、後に大きく値崩れしてしまうような詐欺プロジェクトの通貨に投資してしまう可能性が少ないのも安心できるポイントです。

最大125倍のレバレッジで先物取引をしたい人

MEXCは先物取引を行う環境が整っています。

  • 最大125倍のハイレバレッジ
  • 先物取引の流動性が高い
  • 通貨ペアが豊富

他の取引所で上場していないような通貨ペアにハイレバレッジをかけて取引できることから、特に経験豊富なトレーダーに向いていると言えるでしょう。

MEXC (旧MXC) の利用がおすすめでない人

次に、MEXCの利用がおすすめでない人について解説していきます。

MEXCがおすすめでない人
  • レンディングやNFTなどのサービスを利用したい人
  • 仮想通貨取引の初心者
  • 補償制度を重視する人

レンディングやNFTなどのサービスを利用したい人

MEXCはさまざまなサービスを展開していますが、レンディングサービスは展開していません。また、最近話題のNFTサービスも取り扱っていません。

上記サービスを利用したい場合は、他の取引所を使いましょう。

仮想通貨取引の初心者

MEXCの魅力は、草コイン投資やハイレバレッジでの先物取引です。

あまり仮想通貨取引の経験がない場合、上記の投資法では大きな損失を出してしまう可能性が高くなります。

ただし、MXトークン (MX) を購入してIEOやエアドロップに参加するのであればその限りではありません。

補償制度を重視する人

MEXCに限った話ではありませんが、基本的に海外取引所には補償はありません。

補償制度を重視する場合、金融庁に登録している国内取引所を利用したほうが良いでしょう。

\ 当サイト限定キャンペーン実施中! /

MEXC (旧MXC) の口座開設・登録方法

まずは、こちらのMEXC公式サイトにアクセスします。

メールアドレス、パスワードを入力し、「コードを送信」をクリックしてメールに送られる認証コードを入力します。利用規約を読んだらチェックを入れましょう。

これで口座開設は完了です。

MEXC

次にログインの画面が出るので先ほど入力したメールアドレスとパスワードを入力します。

MEXC

メール認証画面になりますので、メールに送られたコードを入力して「ログイン」をクリックすると取引を始めることができます。

MEXC

MEXCの口座開設方法の詳細については、下記の記事を参考にしてください。

MEXC (旧MXC) の口座開設方法と口座開設キャンペーン、本人確認について詳しく解説

\ 当サイト限定キャンペーン実施中! /

MEXC (旧MXC) のキャンペーン・ボーナス

2022年8月現在、当サイトではMEXCとのタイアップキャンペーンを実施しています。

ここではキャンペーン・ボーナスの詳細について解説していきます。

当サイト限定! 取引手数料10%オフ&最大170ドル相当のボーナスキャンペーン

当サイトでは、MEXCとのタイアップキャンペーンを常時実施しています。

当サイト経由で口座開設をした方限定で、以下の特典を受け取ることが可能です。

当サイト限定の口座開設特典
  • 取引手数料が10%割引
  • 入金額100USDT以上&取引高500USDT以上を達成で、20USDT相当のビットコイン (BTC) をGET
  • 先物取引アカウントに1,000USDT以上入金することで、50USDT分の先物取引ボーナスをGET
  • 先物取引で取引高5,000USDT以上を達成で、100USDT分の先物取引ボーナスをGET
  • さらに、一定条件を満たした方から抽選で5名に200ドル相当のビットコイン (BTC) をプレゼント

注意点は下記の4点です。

ボーナスの注意点
  • 当サイト経由で口座開設をした後、キャンペーンページから「イベントに参加」しないと特典を受け取れない
  • 先物取引ボーナスは出金できない
  • 先物取引ボーナスを使い切る前にアカウントから出金するとボーナスは消滅
  • 先物取引ボーナスの有効期限は受け取りから1ヶ月以内

一番注意していただきたいのが「当サイト経由で口座開設を行うだけでは特典を受け取れない」点です。特典を受け取るには、以下のボタンからアクセスできるキャンペーンページの「イベントに参加」ボタンから参加申請を行ってください。

なお、ボーナスを取引することによって得た利益は問題なく出金できます。

ボーナスだけでも取引することができるので、ぜひこの機会にMEXCのハイレバレッジ取引を体験してみてください。

新規ユーザー向け特典

MEXCで新しく口座開設すると、先物取引の証拠金や取引手数料、損失の支払いとして使えるボーナスを受け取ることができます。

ボーナスを受け取るためにはいくつか条件と注意点があるので確認しておきましょう。

口座開設後、5つのことを完了させてください。

  1. セキュリティ認証を完了する (電話番号認証か二段階認証)
  2. 本人確認を完了する
  3. 200USD相当以上の入金か購入を完了する
  4. 先物アカウントを開設する
  5. タスク完了後「ボーナスを受け取る」をクリックする

ボーナスの受け取りページは以下です。

新規ユーザ向け特典|MEXC Global

ボーナスの注意点は以下の3点です。

ボーナスの注意点
  • ボーナスは先物アカウントに配布され、利益の出金はできるがボーナス自体は出金不可
  • ボーナスは30日で失効する
  • 先物アカウントから資金を出金するとボーナスは失効する

\ 当サイト限定キャンペーン実施中! /

MEXC (旧MXC) の入出金方法

MEXCの入金方法

アカウントトップ画面右上「ウォレット」の「概要」をクリックします。

MEXC

現物アカウントで入金したい仮想通貨銘柄の「入金」をクリックします。

MEXC

「ネットワーク」が一致しているのを確認して、入金元からQRコードか入金アドレスを使って入金を完了させます。

MEXC

入金の詳細な方法は、下記の記事を参考にしてください。

MEXC (旧MXC) の入金方法を解説! 入金が反映されない時の対処法は?

MEXCの出金方法

アカウントトップ画面右上「ウォレット」の「概要」をクリックします。

MEXC

現物アカウントで出金したい仮想通貨銘柄の「出金」をクリックします。

MEXC

注意事項が出てきますので、読んだ上で全てにチェックを入れて「了解」をクリックします。

MEXC

出金先のアドレス、出金数量を入力して「提出」をクリックすれば出金は完了です。

ネットワークが出金先と一致していることを必ず確認しましょう。

MEXC

出金の詳細な方法は、下記の記事を参考にしてください。

MEXC (旧MXC) の出金方法をわかりやすく解説! 出金手数料や出金できないときの対処法は?

\ 当サイト限定キャンペーン実施中! /

MEXC (旧MXC) の取引ツール

MEXCのチャートはとても見やすい設計で購入方法も簡単なので、初心者でも使いやすいのが特徴です。

MEXC

スマホアプリはAndroidのみに対応しており、iOSには対応していません。

\ 当サイト限定キャンペーン実施中! /

海外仮想通貨取引所MEXC (旧MXC) のまとめ

この記事のまとめ
  • MEXCでは1,100種類以上の仮想通貨を取引できる
  • エアドロップやステーキングといったサービスは豊富
  • MEXCで取引するならMXトークン (MX) を保有するのがおすすめ

本記事ではMEXCのメリット・デメリットや利用できるサービスについて詳しく説明しました。

仮想通貨の取り扱い数が非常に多いため、気になっている仮想通貨もMEXCでは見つかるかもしれません。

本記事を参考にMEXCでの口座開設を検討してみてください。

これから口座開設するなら、ボーナスを受け取るのを忘れないようにしましょう。

mexc キャンペーン

\ 当サイト限定キャンペーン実施中! /