最大100倍!Bybit (バイビット) のレバレッジの仕組みと設定方法

この記事のポイント
  • Bybitの最大レバレッジは100倍
  • Bybitのレバレッジ設定方法を解説
  • Bybitレバレッジ取引でリスクを抑える方法

Bybitは最大レバレッジが100倍で、国内取引所と比べても圧倒的な数字を誇っています。

しかしハイレバレッジのトレードにはリスクも伴うので、しっかりとした理解の上で戦略を立てることが大切です。

今回の記事では、Bybitのレバレッジ取引を始めたい方に向けて、Bybitのレバレッジの仕組みから設定方法、リスクを抑えて取引するコツまで幅広く解説していきます。

\ 期間限定で初回入金キャンペーン実施中 /
bybit 評判

Bybit (バイビット) のレバレッジとは

レバレッジとは取引所に預けたお金に応じて、決まった倍率分の金額を取引できるシステムです

Bybitはレバレッジ取引をメインにしています。最大レバレッジ100倍なので、1万円を預けただけでも、最大100万円分の暗号資産(仮想通貨)を取引可能です。

国内では最大レバレッジについて、大きくても4倍が多数です。Bybitは国内と比べものにならないくらいの規模なので、注目する人も多いでしょう。

レバレッジがあれば、多額の取引への参加に対するハードルが低くなります。

レバレッジを利用するメリット

レバレッジのメリットは、限られた金額でも大きな利益を出せる点です

Bybitは最大100倍のレバレッジをかけられるので、1万円だけで100万円分の暗号資産(仮想通貨)を売買できます。取引で得た利益の部分はそのままユーザーのものです。

たとえば100万円分の暗号資産(仮想通貨)が値上がりで110万円まで上がれば、+10万円が利益になります。少額でも一攫千金を狙えるチャンスです。

その上レバレッジ取引では、持っていない暗号資産(仮想通貨)を先に売り、後で買い戻す「売りポジション」もあります。100万円分の暗号資産(仮想通貨)を先に売り、90万円まで下がったときに買い戻しても+10万円の利益となります。

このようにレバレッジ取引は通常よりも柔軟な方法で利益を狙えるといえるでしょう。

レバレッジを利用するデメリット

レバレッジのデメリットは損失リスクです。少ない金額で大きな利益を狙えますが、合わせて損失リスクも膨らみます。

たとえば100万円分の暗号資産(仮想通貨)を買った後、時価総額が90万円まで下がったら、-10万円分の損失となります。レバレッジ100倍のBybitで、1万円の証拠金で100万円分を取引していた場合、証拠金以上の損失リスクも生じます。

レバレッジ取引では強制ロスカットもあります。強制ロスカットとは、ユーザーが多額の損失を出したとき、それ以上の被害を防ぐために運営側が暗号資産(仮想通貨)を強制的に決済させる措置です。レバレッジ倍率が大きいほど、少ない損失でロスカットを受けるリスクがあります。

Bybitに限らず、証拠金以上の金額の取引にはリスクがつきものです。

ただBybitでは国内取引所ではみられないゼロカットシステムが採用されていて、証拠金以上の損失を受けても追加証拠金が発生しないため、その点は安心といえます。

海外取引所は最大レバレッジが高い

取引所 拠点 最大レバレッジ
Bybit シンガポール 100倍
BINANCE 海外 (不明) 125倍
BaseFEX セーシェル共和国 100倍
GMOコイン 日本 4倍
DMM Bitcoin 日本 4倍
bitFlyer 日本 4倍

海外で認められている最大レバレッジ倍率は、日本とケタ違いです。国内ではユーザーの損失対策に積極的で、金融庁がレバレッジ倍率の規制を各交換業者に呼びかけています。しかし海外には倍率規制について、国内のような厳格な動きが見られません。

以上のスタンスの違いが、国内外における最大レバレッジ倍率の差につながっているようです。

Bybit (バイビット) は最大レバレッジが100倍

Bybitは最大レバレッジを100倍に決めています。しかし実際に100倍もかけられるのはビットコインのみで、取引条件や通貨ペアにより最大倍率が異なっています。

以下の表を見てみましょう。

USDT無期限契約の場合
BTC/USDT 100倍
ETH/USDT 50倍
BCH/USDT 50倍
LTC/USDT 50倍
LINK/USDT 25倍
XTZ/USDT 25倍
インバース型無期限契約の場合
BTC/USD 100倍
ETH/USD 50倍
EOS/USD 50倍
XRP/USD 50倍

どちらの取引条件でも、通貨ペアによって最大レバレッジが異なることがわかります。

クロスマージン・分離マージン

Bybitのレバレッジにはクロス型分離型の2種類のマージンがあります。

クロスマージンは、証拠金全体を使って暗号資産(仮想通貨)を売買します。全額利用によって、利益の最大化を目指せますが、大きな損失ですべて失う可能性もあります。

分離マージンは証拠金の一部を「使う方」と「使わない方」に分け、使いたい範囲内で売買する形式です。利用額をすべて失っても、温存した分は残るため、取引を続けられます。

初心者はリスク軽減として分離マージンを使いましょう。預けたお金の一部だけを使えば、最初から余分な損失をしなくてよいからです。レバレッジも細かく決められるので、なるべく低い倍率がおすすめです。

暗号資産(仮想通貨)はいつどこで大きな損失が訪れるかわかりません。利益を狙うことも重要ですが、投資や生活に打撃を与えない程度のお金だけを使うように心がけましょう。

他の海外取引所との比較

Bybitは海外の人気取引所の中で、比較的レバレッジは小さい方です。以下の表で比べてみましょう。

主要海外取引所の最大レバレッジ
Bybit 100倍
CryptoGT 500倍
BINANCE 125倍
OKEx 125倍
BaseFEX 100倍
BitForex 100倍

CryptoGTの500倍が、海外の取引所でトップクラスです。Bybitも国内より倍率は大きいですが、100倍にとどまっているので、比較的ローリスクで参加できます。

Bybit (バイビット) のレバレッジの設定方法

Bybitのレバレッジその1

Bybitのレバレッジは、取引画面右側にある注文スペースから決めます。

レバレッジの倍率指定は分離マージンのみ可能です。

対象は以下の2パターンに分かれています。

  • 買った通貨を売る「ロング」のレバレッジ
  • 先に売った通貨を買い戻す「ショート」のレバレッジ

希望の売買形式に対して、倍率を決めましょう。数字の入力欄で細かい倍率を指定できるほか、ゲージをマウスで左右に動かして大ざっぱにも決められます。内容が整えば確定ボタンを押してください。

Bybitでは6倍や12倍のように、端数の倍率によるレバレッジ取引も認められており、柔軟な投資戦略に役立ちます。

Bybit (バイビット) のレバレッジ設定はポジション保有中に変更可

Bybitでは、ポジション保有中でもレバレッジを変えられます。証拠金に対する取引可能額の割合を調整できるのがポイントです。

また注文済みのポジションに対してもレバレッジを変更できます。バーや数字入力を使って、適度な倍率に決めましょう。

レバレッジが大きいほど少しの損失でロスカットを受けやすいです。買ったものが値下がりするような不利な相場状況になったら、倍率を下げることでロスカットを避けましょう。このように余分な損失リスクを抑えるには少ないレバレッジへの調整が大切です。

逆に相場が有利になって自信が出たら、倍率を増やしてみるのもいいでしょう。

Bybit (バイビット) のレバレッジを変更する際の注意点

Bybitにおけるレバレッジ変更は、余分な損失を受けないように注意が必要です

暗号資産(仮想通貨)やレバレッジ取引の経験が浅いうちは、1~3倍のような低い範囲で調整しましょう。100倍のように倍率が大きいと、少ない証拠金で大きな損失を受ける可能性があるからです。

倍率が低いと大きな利益は望みづらいですが、その分損失リスクを抑えられるので、危険を避けながら投資経験を積めるでしょう。小さなレバレッジでもコツコツと利益を重ねれば、安全に資産を増やせます。

またレバレッジの倍率を決めるときはマイルールを決めましょう。倍率の範囲を低くとどめるほか、口座残高の一定の割合、損失を出したら取引しないなどの取り決めが重要です。

Bybit (バイビット) のレバレッジでリスクを抑える方法

Bybitのレバレッジでリスクを抑えるには、以下の方法が重要です。

  • レバレッジ倍率は低くとどめる
  • 取引所に預ける金額は余剰資産のみとする

レバレッジ倍率を低くすれば、暗号資産(仮想通貨)の相場が急変しても、大きな損失を受けるリスクを小さくできます。経験もないうちにハイレバレッジで売買すると、残高の大部分を失うかもしれません。

また取引所には余剰資産だけを預けるようにしましょう。生活や買い物などに使う予定がないお金を計算し、その分だけをBybitの口座に入れるようにしてください。銀行口座の預金の大部分を暗号資産(仮想通貨)投資に使うと、大きな損失によって生活に悪影響が出るからです。

特に初心者の方は、最初のうちは少ない倍率と予算でコツコツと稼ぐ戦略を組むのをおすすめします。

Bybit (バイビット) のレバレッジの仕組み・設定方法まとめ

Bybitの最大レバレッジは100倍で、国内取引所と比べて少ない資金で大きな利益を狙えます。

取引の途中でレバレッジを変更することも可能なので、自分のスタイルに応じて幅広い取引が可能になっています。

しかしレバレッジが大きいほど損失も大きくなりやすいので、初心者の方は1~3倍といったレバレッジから始めることをおすすめします。

暗号資産(仮想通貨)取引は自分のルールを決めて計画的に取り組むことが大切です。

\ 期間限定で初回入金キャンペーン実施中 /
bybit 評判