海外FXのスワップポイントとは? 注意点や計算方法、おすすめ業者についても徹底解説

この記事のポイント
  • スワップポイントとは通貨間の金利差のこと
  • スワップポイントがプラスの通貨ペアのポジションを保有したまま日をまたげば毎日スワップポイントが得られる
  • 海外FX業者でスワップポイントを狙うならXMがおすすめ

この記事では海外FXのスワップポイントを利用した稼ぎ方や、おすすめの海外FX業者について詳しく解説していきます。

この記事を読むことで、海外FXのスワップポイントの仕組みや取引方法について理解でき、安全にスワップポイント狙いの投資が始められます。

目次

スワップポイントとは

FXでは「為替差益」と「スワップポイント (金利差益) 」の2種類の稼ぎ方があります。

為替差益とは、通貨の価格が安い時に購入し、上昇してから決済することでその差額で稼ぐ方法で、最も一般的な稼ぎ方です。

その一方で、スワップポイント (金利差益) で稼ぐ方法について理解していない方もいるでしょう。

ここではスワップポイントについて深掘りしていきます。

スワップポイントとは通貨間の金利差のこと

スワップポイントとは、保有している通貨の金利の差額です。低金利の通貨を売って、高金利通貨を買うことで、値上がり益とは別にスワップポイントを利益として受け取れます。

例えば、金利-0.1%の日本円を売って、金利19%のトルコリラを買った場合を想定してみましょう。両者の金利の差額は19.1%です。このポジションを保有している間は、詳しい計算は省略しますが、毎日数十~数百円のスワップポイントを受け取ることができます。

決して大きな金額ではありませんが、ポジションを長期保有するトレーダーにとっては魅力的な仕組みと言えます。

各国の金利比較表

ここでは各国の金利比較をしていきます。

スワップポイントは通貨間の金利差によって得られるため、各国の金利を把握しておくことが大切です。

なお、日本は低金利政策を取っているため、クロス円関連は高金利の通貨と組み合わせる必要があります。

下記に各国の金利を一覧表にまとめしたので参考にしてください。

各国の金利比較表
取扱通貨国 政策金利 改正日
日本 -0.10% 2016年01月29日
米国 0.00%~0.25% 2020年03月15日
ユーロ -0.50%
0.00%
0.25%
2019年09月12日
英国 0.10% 2020年03月19日
豪州 0.10% 2020年11月03日
NZ 0.25% 2020年03月16日
カナダ 0.25% 2020年03月27日
スイス -0.75% 2019年06月13日
南アフリカ 3.5% 2020年07月23日
香港 0.86% 2020年03月16日
トルコ 18.00% 2021年09月23日
中国 3.85% 2020年04月20日
メキシコ 4.5% 2021年08月12日
ブラジル 6.25% 2021年09月22日

スワップポイントが付与されるのはニューヨーク市場が閉じるとき

スワップポイントが付与されるタイミングは、ニューヨーク市場が閉場するときです。日本時間で言うと午前7:00、サマータイム中は午前6:00です。ポジションを保有したまま日をまたぐことをロールオーバーと言い、ロールオーバーの際に保有中のポジションに対してスワップポイントが付与されます。

なお日本時間で毎週木曜日の朝は、週末の分と合わせて3日分のスワップポイントが付与されます。週末にポジションを保有していても、木曜日の朝にポジションを持っていないと、週末分のスワップポイントはもらえないので注意しましょう。

スワップポイントの計算方法

それではスワップポイントの計算方法をご紹介します。

スワップポイントの計算式

1日のスワップポイント = 契約サイズ × 取引数量 (Lot) × 少数桁※ × スワップ値

※少数桁が3桁の場合は0.001、5桁の場合は0.00001

実際に具体的な数値を使ってスワップポイントを計算してみましょう。

例1) USD/JPYを買いで1Lot保有した場合

 

契約サイズ=100,000、少数桁=3、買いスワップ=6.0を先程の計算式に当てはめると、

 

100,000 (契約サイズ) × 1Lot (取引数量) × 0.001 (少数桁) × 6.0 (スワップ値) = 608JPY

例2) USD/TRYを売りで1Lot保有した場合

 

契約サイズ=100,000、少数桁=5、買いスワップ=256.0を先程の計算式に当てはめると、

 

100,000 (契約サイズ) × 1Lot (取引数量) × 0.00001 (少数桁) × 256.0 (スワップ値) = 256.0TRY

 

日本円に換算すると (1トルコリラ8.45円) 、

 

256.0 × 8.45 = 2,163円

ポジションを保有し続ければこのスワップポイントが毎日受け取れます。

スワップポイントで利益を出すなら海外FXがおすすめ

スワップポイントで利益を出したいときに海外FX業者を利用するメリットは以下の2つです。

海外FX業者を利用するメリット
  • スワップポイントを狙える通貨ペアが多い
  • ロスカット水準が低い

スワップポイントを狙える通貨ペアが多い

国内FX業者よりも、海外FX業者の方が基本的に取扱銘柄の数が多い傾向にあります。例えば、高金利で知られているトルコリラと金利の低い通貨のペアを保有するといったこともできます。

その国の通貨の信頼性を加味しながら、自分が納得いく通貨ペアを選択しやすいことが海外FX業者を使うメリットです。

ロスカット水準が低い

海外FX業者の方が、国内業者よりもロスカット水準が低い傾向にあります。国内業者は平均50%前後なのに対し、海外業者の場合は平均20%ほどです。

長期保有をしていれば、一時的に大きく価格が下がるときもあるでしょう。そのときにロスカットが発動してしまうと、スワップポイントが得られなくなってしまいます。

そのためロスカットが執行されにくい海外FX業者の方がおすすめと言えます

主要海外FX業者のスワップポイント比較

主要海外FX業者のスワップポイントを一覧表にまとめたので、ご覧ください。

主要海外FX業者のスワップポイント比較
通貨ペア ポジション XM (エックスエム)  GEMFOREX (ゲムフォレックス) iFOREX (アイフォレックス) TitanFX (タイタンFX) AXIORY (アキシオリー)  HotForex (ホットフォレックス) Tradeview (トレードビュー)  LandFX (ランドFX)
USD/JPY 買い -248 20 27 250 -241 100 262 2.30
売り -358 35 -474 -820 -382 -860 -876 -1,020
EUR/JPY 買い -520 -150 -271 -340 -361 -480 -362 -46
売り -190 -120 -213 -150 -156 -291 -138 -64
GBP/JPY 買い -232 10 -32 -660 -364 -612 -99 -28
売り -339 -360 -524 -162 -575 -297 -807 -98
EUR/USD 買い -603 25 -913 -840 -6 -718 -953 -138
売り -123 22 312 370 -495 -26 472 -28
GBP/USD 買い -384 -200 -694 -710 -551 -906 -821 -126
売り -341 -455 -565 -170 -369 -103 -62 2
USD/TRY 買い -8,698 -2,231 -5,272 -2,100 -1,041 -650 -1,116 -1,254
売り 2,652 450 1,720 1,220 24 15 -39 595
EUR/TRY 買い -12,019 -6,005 -3,560 -1,503 -693 -1,969 -1,769
売り 4,916 2,126 2,000 -245 23 1,026 964
ZAR/JPY 買い -230 37 105 63
売り -220 -97 -190 -107
USD/ZAR 買い -2,268 -30 -3,137 -1,640 -1,208 -108 -1,699 -810
売り 559 6 -369 912 381 56 957 257

XM (エックスエム)

XMはEUR/TRYやUSD/TRYのスワップポイントの高さが特徴的なFX業者です。

主要な通貨ペアのスワップポイントはほとんどマイナスです。

しかし、マイナー通貨の売りスワップで利益を狙えます。

XMは海外FX業者の大手で安全性が高いので、EUR/TRYやUSD/TRYでスワップポイントを狙うのであれば利用する価値はあるでしょう。

XM (エックスエム) について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください

XM (エックスエム) の評判や特徴について徹底解説! 11点のメリットと5点の注意点を紹介

GEMFOREX (ゲムフォレックス)

GEMFOREXはEUR/USDやUSD/JPYのような主要通貨で、買いも売りもスワップポイントがプラスのFX業者です。

一般的にはマイナーな通貨ペアでスワップポイントを稼いでいくことがメインですが、GEMFOREXなら主要通貨でもスワップポイントを得ることができます。

マイナーな通貨ペアに比べて主要通貨ペアは為替変動リスクも少ないので、比較的低リスクで運用できるのがGEMFOREXの特徴です。

GEMFOREXについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください

gemforexアイキャッチGEMFOREX (ゲムフォレックス) を徹底調査!特徴と評判・口コミ

iFOREX (アイフォレックス)

iFOREXはマイナー通貨ペアの種類が多いFX業者です。

スワップポイントはマイナー通貨ほど高い傾向にあるので、スワップポイントを狙うなら利用する価値があります。

特にGBP/TRYの売りスワップが約3,800円、EUR/TRYの売りスワップが約2,500円と他社と比較しても高い水準です。

なお、iFOREXは期間限定で入金125%ボーナスキャンペーンを実施しているので、低リスクで始められます。

TitanFX (タイタンFX)

TitanFXはスプレッドの狭さなど取引環境が整っていることに加えて、スワップポイントが高いことも魅力の1つです。

特にマイナーな通貨ペアのスワップポイントが高く、南アフリカランドトルコリラ関連の通貨ペアは高い水準にあります。

USD/TRYやGBP/TRYの売りスワップは4,000円を超えるスワップポイントを得ることができます。

AXIORY (アキシオリー)

AXIORYは他社と比べてもトルコリラのスワップポイントが高いという特徴があります。

EUR/TRYやUSD/TRYのショートポジションでは、1Lotにつき2,800円〜3,800円程度のスワップポイントを獲得できます。

他にも南アフリカランドやメキシコペソなどマイナーな通貨ペアでは比較的スワップポイントで稼ぎやすいです。

AXIORYについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください

AXIORYアイキャッチAXIORY (アキシオリー) のメリット・デメリット、評判を徹底解説!

HotForex (ホットフォレックス)

HotForexではスワップポイントで他のFX業者と差別化するために、通貨ペアごとに細かな調整を行なっています。

主要な通貨ペアに関してはスワップポイントが不利な設定になっている場合が多いですが、マイナーな通貨ペアは有利なスワップポイントを付けています。

HotForexでは利便性を高めるためにスワップポイントを計算するためのツールが提供されているので、HotForexの公式サイトをご覧ください。

Tradeview (トレードビュー)

Tradeviewは豊富なマイナー通貨を取り扱うFX業者です。

マイナーな通貨ペアほどスワップポイントも高くなる傾向にあるため、スワップポイント狙いの手法と相性が良い業者といえます。

AUD/CHFやEUR/NZDなど主要通貨でもスワップポイントがプラスなので、長期的に運用していきたい人におすすめです。

LandFX (ランドFX)

LandFXは為替通貨だけでなくコモディティや株価指数インデックスなどでもスワップポイントを得られるFX業者です。

為替通貨ではGBP/MXNやEUR/MXNのスワップポイントが高い傾向にあります。

為替通貨以外でもNGAS (天然ガス) の売りスワップは605円とLandFXの中でも最もスワップポイントが高い銘柄です。

為替通貨以外の銘柄でもスワップポイントを狙いたい方は検討する価値があるでしょう。

スワップポイントで選ぶおすすめの海外FX業者5選

ここではスワップポイントで選ぶおすすめの海外FX業者5選をご紹介します。

  • XM (エックスエム)
  • GEMOFOREX (ゲムフォレックス)
  • iFOREX (アイフォレックス)
  • TiatanFX (タイタンFX)
  • AXIORY (アキシオリー)

スワップポイントはFX業者ごとに異なるので、スワップポイント狙いの取引において業者選びは大切です。

それでは、1社ずつ見ていきましょう。

XM (エックスエム)

海外FX スワップポイント

多くのトレーダーからの人気を誇る大手の海外FX業者です。EUR/TRYのスワップポイントの高さが特徴です。EUR/TRYはスワップポイントが大きく変動しやすいペアの一つで、過去には一日で5,000円もの金額がつくこともありました。

大手で安心して利用できる業者のため、EUR/TRYのペアでスワップポイントを狙うのであれば利用してみる価値はあるでしょう。ただしXMではm同じ口座内での両建てしかできない点に注意が必要です。

公式サイトに、XMで取り扱っている銘柄のスワップポイントを計算できるので、目当てのペアがある場合はシミュレーションをしてみると良いでしょう。

XMについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください

XM (エックスエム) の評判や特徴について徹底解説! 11点のメリットと5点の注意点を紹介

GEMFOREX (ゲムフォレックス)

海外FX スワップポイント

GEMFOREXは日本人トレーダーに人気の大手海外FX業者です。

USD/TRYUSD/MXNなど高金利通貨で安定したスワップポイントの利益が期待できます。

またマイナーな通貨ペアだけでなく、EUR/USDUSD/JPYといった主要通貨ペアでも、買いと売りどちらもスワップポイントがプラスです。

買いポジションと売りポジションを同時に保有する両建てをすることで、為替変動の影響を受けることなくスワップポイントを得ることができます。

ただし、GEMFOREXでは同じ口座内での両建てしかできない点に注意が必要です。

主要通貨ペアで、買いと売りどちらもスワップポイントがプラスで長期的にスワップポイントを稼ぐことができるのはGEMFOREXのメリットと言えるでしょう。

GEMFOREXについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください

gemforexアイキャッチGEMFOREX (ゲムフォレックス) を徹底調査!特徴と評判・口コミ

iFOREX (アイフォレックス)

海外FX スワップポイント

マイナー通貨ペアの種類の豊富さが売りの業者です。高金利で有名なトルコリラや南アランドのペアの多さは業界でも頭が一つ抜けていると言えます。高スワップポイントを狙うなら検討の価値がある業者です。

証拠金維持率が0%のため、価格が下がってもロスカットに遭いにくく、長期保有をしやすいです。さらにiForex独自のサービスとして、ポジションを保有していると、年利3%の利息が毎月付与される制度があります。

そのためポジションを長期保有していれば、スワップポイントだけでなく利息による利益も得られるので、長期トレーダーに向いていると言えます。運営歴も25年と老舗の業者なので、利用をする上でも安心感があるでしょう。

TitanFX (タイタンFX)

海外FX スワップポイント

狭小スプレッドやレイテンシーの低さなど取引環境が充実していることから、短期トレーダーに人気が高い業者です。しかしスワップポイントも高いため、長期トレーダーにも向いている業者でもあります。

特にマイナー通貨ペアのスワップポイントが高く、米ドルやユーロと南アランドのペアのスワップポイントは業界でも高水準です。トルコリラ絡みのペアも他社に引けを取りません。

またTitanFXでは、他口座や他業者とのアービトラージが認められています。アービトラージとは利ざやを抜くことを意味し、価格が割安な方を買い、割高な方を打った後、価格差が縮まったらそれぞれ反対の注文をすることで利益を上げる手法です。

そのため取引の自由度が高い点も、TitanFXのメリットと言えるでしょう。

AXIORY (アキシオリー)

海外FX スワップポイント

スキャルピングやデイトレードなどの短期取引、自動売買に特化したFX業者です。

AXIORYのスワップポイントは、各通貨の金利をもとにAXIORYが独自で設定しています。

そのため、閲覧日によってスワップポイントが変動します。

中でもTRY/JPYのスワップポイントは、3,392円とかなり高いスワップポイントでスワップ狙いのトレーダーに特に人気の通貨ペアです。

AXIORYは口座内両建てはもちろん、口座間両建てや業者間両建てが認められているので、スワップポイント狙いの両建てには最適な業者と言えるでしょう。

AXIORYについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください

AXIORYアイキャッチAXIORY (アキシオリー) のメリット・デメリット、評判を徹底解説!

海外FXでスワップポイントを狙う際の注意点

海外FXでスワップポイントを狙う際の注意点は以下の5つです。

海外FXでスワップポイントを狙う際の注意点
  • 為替変動に注意する
  • スワップポイントのみの出金はできない
  • 高スワップポイントの通貨ペアはリスクあり
  • 十分に証拠金を用意する
  • 長期的に運用する

為替変動に注意する

スワップポイントの寡多は政策金利に依存します。そのため為替変動が起こった場合、金利が変わる場合があります。そうすると逆にスワップポイントを支払うケースもあることを覚えておきましょう。

また政策金利が変更された際も、スワップポイントが変わる場合があるので、危険だと思ったらポジションを解消するのも一つの手です。

スワップポイントのみの出金はできない

スワップポイントは保有中のポジションに対して付与されます。そのためポジションを解消するまではスワップポイントを出金できません

つまりスワップポイントだけを出金するといったことはできないので、注意しましょう。

高スワップポイントの通貨ペアはリスクあり

スワップポイントが高いペアを保有するためには、少なくとも一方の通貨の政策金利が高くある必要があります。政策金利の高い通貨は、通貨としての信頼性に不安があり、急な暴落が発生するリスクがあります。

高スワップポイントの通貨ペアは大きな利益が狙える一方、上記のようなリスクもあることを念頭に置きましょう。

十分に証拠金を用意する

スワップポイントで大きな利益を上げようとすると、レバレッジを大きくかける必要があるでしょう。しかし証拠金が少ないと、ロスカットに遭うリスクが大きくなります。

ロスカットが執行されるとスワップポイントはおろか、値上がり益も得られなくなってしまいます。レバレッジをかけて取引をするときは十分な証拠金を用意することが大切です。

長期的に運用する

スワップポイントは毎日付与されますが、その金額は決して大きくはありません。そのためスワップポイントで十分な利益を上げるには、基本的には長期保有が前提となります。

日々の価格変動で一喜一憂せず、長い目で利益を狙っていきましょう。ただし相場に大きな影響を与えるような材料が出てきたときは、ポジションの解消も検討するべきです。

海外FXのスワップポイントで稼ぐならアービトラージがおすすめ

海外FXのスワップポイントで稼ぐならアービトラージがおすすめです。

アービトラージとは、1つの通貨ペアに対して買いポジションと売りポジションを同時に保有する両建て取引を指します。

いわゆる「サヤ取り」「裁定取引」とも呼ばれている手法です。

スワップポイント狙いの取引では、アービトラージをすることで、為替変動リスクを抑えたうえで利益を獲得できます。

買いポジションと売りポジションをどちらも保有することで、為替の値動きが相殺されて為替変動による損益は発生しません。

つまり、為替変動による損益を気にすることなく、スワップポイントだけを毎日受け取れる仕組みができるのです。

なお、FX業者によっては両建てを禁止している場合があり、規約に違反すると重いペナルティが課せられるので注意しましょう。

下記は主要海外FX業者の両建て禁止ルールを一覧にまとめた表です。

主要海外FX業者の両建て禁止ルール
FX業者名 口座内両建て 口座間両建て 業者間両建て
XM (エックスエム) × ×
GEMFOREX (ゲムフォレックス) × ×
iFOREX (アイフォレックス) × ×
TitanFX (タイタンFX) △ (※) △ (※) △ (※)
AXIORY (アキシオリー)

※ゼロカットシステムによる利益狙いは不可

多くの海外FX業者では口座内での両建ては認められているものの、口座をまたいだ両建てや業者をまたいだ両建ては禁止されています。

一方で、AXIORYは全ての両建てが認められているため、スワップポイント狙いのアービトラージには最適です。

トルコリラのスワップポイントを運用する方法

トルコリラはマイナー通貨の中でも金利の高さが注目されている通貨です。

2019年7月まで24%だった金利が、2022年現在は19%まで下落していますが、それでも各国の金利に比べたらとても高い水準です。

トルコリラはマイナーな通貨の中でも癖があるので、突如大きな値動きをする場合があります。

他の為替通貨よりも為替変動リスクが高いですが、ここでは比較的安全に運用できる方法をご紹介します。

ボーナスを獲得して活用する

多くの海外FX業者では口座開設ボーナスや入金ボーナスが付与されます。

このボーナスを利用することで、自己資金をできるだけ減らして損をするリスクを最小限に抑えます。

スワップポイントだけを狙ったトレードをする

トルコリラは値動きが激しい通貨でもあり、為替差益でも大きな利益を狙うことができます。

しかし、ここでは為替差益を狙わずスワップポイントだけを狙います。

とはいえ、中長期でポジションを保有すると、為替変動リスクが伴うので、超短期でトレードを行います。

スワップポイントが付与されるのは、月曜日〜金曜日の朝06:59〜07:00 (サマータイム中は朝05:59〜06:00) です。

つまり、この時間にEUR/TRY (ユーロ/トルコリラ) の売りポジションを保有しておけばスワップポイントが付与されるということです。

毎日、スワップポイントが付与される少し前に売りポジションを保有して、スワップポイントが付与される時間を過ぎたらすぐに決済します。

超短期トレードなので為替変動リスクを抑えながら確実にスワップポイントだけを受け取ることができます。

海外FXのスワップポイントで実際にどのくらい稼げるのか検証

それでは海外FXで実際にスワップポイントを保有していたらどのくらい利益が出るのか、またどの通貨が稼ぎやすいのかをご紹介します。

なお、今回検証に使う業者はXMで行います。

XMスワップポイントランキング1位のUSD/ZARで検証していきます。

2022年1月時点でUSD/ZARを1Lot (10万通貨) 保有したときに発生する売りスワップは4,142円です。

つまり、USD/ZARの売りポジションを保有したまま日をまたげば、1日4,142円を稼ぐことができます。

単純計算で、1ヶ月あたり4,142円 × 30日 = 124,260円、1年あたり4,142円 × 365日 = 1,511,830円を稼げるということです。

とはいえ、日々スワップポイントが変動する場合もありますので、必ず稼げるという保証はありません。

ただ、XMは口座内の両建ては認められているため、アービトラージで為替変動リスクを抑えながらスワップポイントを狙う価値は十分あるでしょう。

海外FXのスワップポイントに関してよくある質問

海外FXのスワップポイントに関するよくある質問をまとめました。

スワップポイントに関して、わからないことがある方はぜひ参考にしてください。

スワップポイントだけで生活できますか?

スワップポイントだけで生活するのは厳しいです。

スワップポイントで利益が出れば、基本的に毎日受け取ることができますが、為替差益と比べて大きな利益は見込めません。

毎日数十円〜数百円の利益を積み重ねていく稼ぎ方なので、年間通して数万円の利益が出れば良いほうです。

海外FXのスワップポイントはどうやって受け取れますか?

ポジションを翌営業日まで持ち越せばスワップポイントを受け取ることができます。

ポジションを保有したまま日をまたぐことをロールオーバーといい、ロールオーバーの際にポジションを保有していれば、自動的にスワップポイントが付与されます。

新規のポジションが営業日をまたがずに決済した場合はスワップポイントを受け取ることはできません。

スワップポイントが発生する時間帯を教えてください

スワップポイントは、ニューヨーク市場がクローズする早朝:07:00 (夏時間は早朝06:00) ごろに発生します。

ロールオーバーの際にポジションを保有していればスワップポイントが発生します。

夏時間と冬時間で1時間の差がありますので、注意してください。

海外FXのスワップポイントがお得な日はありますか?

海外FXのスワップポイントは日本時間の水曜日 (木曜日の早朝) に3倍になる場合があります。

これは週末の分と合わせて3日分のスワップポイントが付与されるためです。

仮に週末にポジションを保有していたとしても、木曜日の朝にポジションを保有していないと週末分のスワップポイントがもらえないので注意が必要です。

FX会社によってお得な日が異なる場合があるので、スワップポイントを狙った取引をする際は、各FX会社の公式サイトで確認するようにしましょう。

海外FXのスワップポイントまとめ

この記事のまとめ
  • スワップポイントは長期的に資産運用したい方におすすめ
  • 通貨ペアによっては大きな利益がでるが価格変動に注意する
  • 海外FXでスワップポイントを狙うならXMがおすすめ

スワップポイントを得るには基本的にポジションを保有し続ければ良いため、ある意味不労所得に近いものです。それゆえ魅力的な投資手法と言えます。

ただしただポジションを保有すれば良いものではなく、金利や価格変動が不利に働いたらポジションを解消するなどの手を打つ必要があります。

海外FXでスワップポイント狙いの取引を始めたい方は、大手で安全性の高いXMがおすすめです。