仮想通貨FXにおすすめな海外仮想通貨取引所・海外FX業者ランキング19選

この記事のポイント
  • 仮想通貨FXを行うには海外仮想通貨取引所や海外FX業者を利用した方が有利
  • 仮想通貨FXにはBybitがおすすめ
  • 海外FX業者でも仮想通貨FXを行うことができる

仮想通貨取引のブームが再燃する中、新しく仮想通貨FXを始めようと考えているトレーダーも増えてきました。

しかし、中には仮想通貨や株式投資などの経験もなく、「どうやって始めたら良いか」「取引所をどのような基準で選べば良いか」がわからない人も非常に多いと思います。

そこでこの記事では、仮想通貨FXにおすすめな海外仮想通貨取引所をランキング形式で紹介していきます。

これから仮想通貨FXを始めようと考えている方やまだ日の浅い方は、是非この記事を参考にして仮想通貨FXにチャレンジしてみてください

目次

仮想通貨FXの基礎知識

まずは、仮想通貨FXの基本的な知識を解説していきたいと思います。

既存の仮想通貨取引とどう違うのか、どのような考え方で投資を行うのか、現物取引との違いなど、基礎的なことを順番に解説していきます

すでに仮想通貨FXについてある程度知識がある方は、ランキングまで飛ばしていただいても構いません。

そもそも仮想通貨FXとは

仮想通貨FXはレバレッジを用いて、少ない資産で大きな金額を稼ぐ取引手法です

MEMO
レバレッジとは「てこの原理」という意味で、投資の世界では借入金で自己資産を増やして投資する手法のことで、より高いリターンを狙うことができます。

レバレッジをかけることによって、借入金を使うことで自分の用意できる資産以上の予算を投資に回すことができ、それだけ大きなリターンを期待できます。

当然、自分の資産を超えた金額を投資に回すため、一般的な仮想通貨投資より高いリスクが伴います。

レバレッジをかける際には、新規参入者に限らず慎重に取引を行うようにしましょう

仮想通貨FXと現物取引との違い

仮想通貨FXについて考えるためには、まずは現物取引との違いについて理解しておく必要があります。

そもそも現物取引とは、現物価格の変動が利益や損失に直接繋がる取引方法のことです

例えば、ビットコイン (BTC) を1BTC=100万円で購入し、200万円に高騰した時に売ったとします。この差額は100万円となり、利益もそのまま100万円となります。非常にシンプルで、分かりやすい構造です。

一方で仮想通貨FXは、レバレッジをかけた取引が可能となります。

証拠金として資産を預けることで、現物資産を持っていなくても、証拠金の数倍〜数百倍の資産を売買することが可能です。

また、下落相場でショート (空売り) して利益を出すような、現物取引ではできない手法をとることができます。

仮想通貨FXにおすすめな海外取引所ランキング10選

ここからは、仮想通貨FXで取引をするのにおすすめな海外取引所をランキング形式で紹介していきます。今回は、以下の5つの基準でランキング付けを行いました。

  • 最大レバレッジ
  • 取り扱い通貨数
  • 取引手数料
  • 使いやすさ
  • 安全性や信頼性

1位 Bybit (バイビット)

仮想通貨 fx 海外

Bybit (バイビット) の基本情報
最大レバレッジ 100倍
取り扱い通貨数 130種類以上
取引手数料 Maker:-0.025% / Taker:0.075%
最低入金額 無し
日本語対応
スマホアプリ対応

世界トップクラスのセキュリティと、強力な高性能サーバーを持ったBybit。信頼性の高さとサービスの安全性から非常に人気の取引所で、仮想通貨FXのトレーダーからも高い評価を得ています。

安全性を担保するため、会社利益の20%を投資して独自のハッカー対策を行っており、他社の取引所よりもハッキングに対しての意識が高いです。

高性能サーバーは約定力が高く、ブラウザ、アプリそれぞれ非常に安定したパフォーマンスを維持しています。仮想通貨FXにおいて、プラットフォームの安定性はそのままリスク管理にも繋がっており、値動きの速い取引でもストレスなく使うことが出来ます。

日本語対応も丁寧なので日本人ユーザーが多く、国内サイトでも情報が集めやすいのもポイントです。クレジットカードによる入金が可能なので、わざわざ国内取引所などを経由して仮想通貨に交換してから送金するといった手間がかかることもありません。

取り扱い通貨が少ないので、アルトコインを中心とした分散投資などでは優位性がありません。有名な主要通貨の取り扱いはあるので、後述するBINANCEなどの取り扱い通貨の種類が多いサイトと併用して運用するのもおすすめです。

Bybitについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

Bybit (バイビット) の評判・口コミから分かったメリット・デメリットを一挙紹介!

2位 Bitterz (ビッターズ)

仮想通貨 fx 海外

Bitterz (ビッターズ) の基本情報
最大レバレッジ 888倍
取り扱い通貨数 4種類
取引手数料 無料
最低入金額 0.0001BTC
日本語対応
スマホアプリ対応

業界トップクラスのレバレッジ倍率で取引できるBitterzは、2020年に設立された比較的新しい取引所です。

最大レバレッジは最大で888倍です。国内取引所の最大レバレッジは2倍で、海外取引所でも高くて100倍程度のところが多いことを考えると、非常にハイレバレッジと言えるでしょう。

また、仮想通貨FXを行う上で注目したいゼロカットシステムを採用しており、万が一の場合でも追証はありません。

仮想通貨はもちろんのことクレジットカードによる決済が可能なので、外部サービスを使って通貨を交換する手間もなく、口座開設も最低限の情報のみで行うことが可能です。

デモ口座取引というサービスもあり、実際にどのように取引を行うのか不安な方は、バーチャルトレードの仕組みを使って取引の予行練習もできます。ここで使われるツールはサービス内で本当に使用されており、初心者がより参入しやすい仕組み作りを徹底しています。

また、Bitterzでは口座開設キャンペーンや入金キャンペーンが頻繁に開催されているので、これから始めたいという方は是非公式サイトで確認してみてください。

3位 CryptoGT (クリプトGT)

仮想通貨 fx 海外

CryptoGT (クリプトジーティー) の基本情報
最大レバレッジ 500倍
取り扱い通貨数 64種類
取引手数料 無料
最低入金額 無し
日本語対応
スマホアプリ対応

現物取引は非対応ながら、豊富な取引銘柄と手軽な支払い方法、高い安全性で高い評価を得ているCryptoGT。完全日本語化対応も日本ユーザーにはありがたく、国内コミュニティも活発です。

仮想通貨に触れた事がないユーザーへのサポートが充実しており、支払い方法はクレジットカードとデビットカードの両方が対応しています。また、海外FXトレーダーにお馴染みのMT5という取引ツールを使って、既存のFXユーザーも参加しやすくなっています。

ビットコイン (BTC) やイーサリアム (ETH) をはじめとする主要通貨だけでなく、アルトコインやステーブルコインなども含めると64通貨の取引に対応しており、そのほか9銘柄の外国為替、貴金属や仮想通貨のインデックスにも対応している幅の広さが売りです。日本語対応が親切にされている取引所で、ここまで取り扱い通貨数が多い海外取引所も珍しいです。

こういった高いユーザビリティを維持している一方で、ロスカット率が100%でロット制限も厳しく、さらにストップレベルが広いので、ある程度の事前知識としっかりとしたリスク管理ができるトレーダーの方に向いた取引所とも言えます。

取引所側からの親切なHowToも用意されているので、興味のある方は是非一度公式サイトを覗いて見てください。

また、CryptoGTについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください

CryptoGT (クリプトGT) の評判・口コミは? 特徴やメリット・デメリット、口座開設方法などを徹底解説

4位 BaseFEX (ベースフェックス)

仮想通貨 fx 海外

BaseFEX (ベースフェックス) の基本情報
最大レバレッジ 100倍
取り扱い通貨数 210種類以上
取引手数料 Maker:0.020% / Taker:0.060%
最低入金額 なし
日本語対応
スマホアプリ対応
注意
2022年1月現在、BaseFEXは新規受付を停止しています。

仮想通貨FX向けの海外取引所はいくつか存在しますが、BaseFEXは特に安全性が高い取引所と言われています。

顧客資産をオフラインのコールドウォレットに保管して管理しており、マルチシグの導入、公式リリース前からオープンソースで複数回のベータテストをクリアするなど、セキュリティ対策に重きを置いた運営がなされています。

また、BINANCEの独自トークンであるバイナンスコイン (BNB) の取り扱いを行っており、取り扱い銘柄の多いバイナンスと並行して運用するのもおすすめです。

日本コミュニティは活発ですが、公式サイトの日本語へのローカライズはやや怪しい部分があるので注意が必要です。

5位 BINANCE (バイナンス)

仮想通貨 fx 海外

BINANCE (バイナンス) の基本情報
最大レバレッジ 20倍
取り扱い通貨数 370種類以上
取引手数料 0.1%(バイナンスコイン (BNB) 利用で割引あり)
最低入金額 100円
日本語対応
スマホアプリ対応

世界的に有名な仮想通貨取引所BINANCE は、FXに限らず仮想通貨投資家で知らない人はいない超大手取引所です。

多くのユーザーを抱え黎明期から実績を積み重ね、高い安全性と信頼性を保ち、日本語サポートも充実しています。

独自トークンであるバイナンスコイン (BNB) を利用した取引では、通常0.1%の手数料を最大0.05%にまで引き下げることが可能です。バイナンスコイン (BNB) は他者の取引所でも取り扱いがあ、複数ありのサービスを跨いで取引を行うトレーダーにとっては、利便性の高さから最初に検討したい取引所だと思います。

口座開設も非常に簡単で、国内での情報収集も容易、仮想通貨FXという点においては他の取引所に軍配が上がる部分もあるものの、総合値で言えば非常に高い水準の取引所です

BINANCEについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください

BINANCE非公開: BINANCE (バイナンス) の評判・口コミを徹底調査!登録ユーザーの評価は?

6位 Poloniex (ポロニエックス)

仮想通貨fx 海外

Poloniex (ポロニエックス) の基本情報
最大レバレッジ 100倍
取り扱い通貨数 200種以上
取引手数料 Maker:0.100% / Taker:0.075%
最低入金額 なし
日本語対応 ×
スマホアプリ対応

サンフランシスコに拠点を置く世界最大級の仮想通貨取引所であるPoloniex。その最大の特徴はレンディングサービスを利用した取引が行えるという点です。レンディングサービスでは、持っている暗号資産を他者やサービスに貸し出すことで金利を得ることができ、元手よりも高い金利を生むこともできます。

株式のように配当金がない仮想通貨は、値動き以外の利益をどうやって生むか、あらゆる試みがされてきました。こういったレンディングサービスは、一般的な仮想通貨FX取引以外の部分で効率よく利益が出せるので、トレーダーとしては非常にありがたい仕組みです

コールドウォレットを使った資産管理、取引口座の本人確認、二段階認証システムなど、安全性の面でも高い評価を受けている取引所です。

7位 MEXC (旧MXC)

仮想通貨 fx 海外

MEXC (旧MXC) の基本情報
最大レバレッジ 125倍
取り扱い通貨数 200種以上
取引手数料 対応通貨により変動
最低入金額 無し
日本語対応
スマホアプリ対応

MEXCはシンガポールを本拠地に構える2018年設立の比較的新しい取引所です。600種類以上の取り扱い通貨、安定して使いやすいサービス等が人気となり3年で200万人のユーザーを抱える取引所に成長しました。

独自トークンMXを安い価格で取引することができ、いくつかのサービスで使うことができます。また、定期的に特定のトークンを無料で配布したり、IEOへの参加チャンスを供給したりといったユーザーへ向けた様々な試みがなされています。

シンガポール、アメリカ、スイス、オーストラリア、カナダで金融コンプライアンス条件を満たす安全な取引所として認定され注目を浴び、仮想通貨FXに対する関心が高まったことで近年日本でも話題になり始めました。

仮想通貨FXとは直接の関係はありませんが、暗号資産やトークンを利用したデジタルマーケティング事業を展開するcanow株式会社との業務提携が発表されています。今後ブロックチェーンを活用した新規プロジェクトに期待が集まる、将来性のある取引所です。

MEXCについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください

海外仮想通貨取引所MEXC (旧MXC) の評判やメリット・デメリット、使い方を徹底解説

8位 Bitget (ビットゲット)

仮想通貨fx 海外

Bitget (ビットゲット) の基本情報
最大レバレッジ 125倍
取り扱い通貨数 39種類
取引手数料 Maker:0.04% / Taker:0.06%
最低入金額 無し
日本語対応
スマホアプリ対応

Bitgetはシンガポールに拠点を置く仮想通貨取引所で、日本語サポートがあることから国内トレーダーからの注目も集まりつつある取引所です。

比較的新しい取引所ながら全世界48か国約150万人のユーザーを抱えており『CoinMarketCap』の2021年デリバティブ取引所ランキングでも10位前後を常にキープするほどの取引量を誇っています。

世界各国で金融コンプライアンスに関するライセンスを取得しており、設立からグローバル展開を想定した運営を意識していたと運営も語っています。

日本語のローカライズも丁寧でサイトも使いやすいですが、日本では今のところ支社を設立しておらず、いわゆる金融商品取引業としての登録がない状態です。そのため、取引を行う際には自己責任でお願いいたします。

セキュリティに関して非常に高い評価を得ている取引所なので、今後是非日本支社を設立し、日本ユーザーに向けたサービスを本格的に展開してほしいものです。

Bitgetについて詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてください

BitgetアイキャッチBitget (ビットゲット) とは?特徴やメリット・デメリット、使い方など徹底解説

9位 BAQRON (バクロン)

仮想通貨 fx 海外

BAQRON (バクロン) の基本情報
最大レバレッジ 125倍
取り扱い通貨数 130種以上
取引手数料 Maker:0.02% / Taker:0.04%
最低入金額 無し
日本語対応
スマホアプリ対応

BAQRONは2021年11月にサービスを開始した非常に新しい仮想通貨取引所です

大手取引所BINANCEと提携したことで話題になり、仮想通貨FXを行う上で嬉しい130種類以上の取り扱い通貨、手数料からさらにディスカウントを受けられる低取引コストが魅力です。

取引システムにはBINANCEのAPIを使っており、比較的新しい取引所ながらその取引プロセスには実績で裏付けられる信頼性があります。

クレジットカードでの入金に対応しているため、外部取引所を介した通貨の交換なども必要なく、レバレッジも最大125倍とトレーダーにとってありがたい仕様になっており、今後日本でも話題になりそうな仮想通貨取引所です。

10位 Bitfinex (ビットフィネックス)

仮想通貨 fx 海外

Bitfinex (ビットフィネックス) の基本情報
最大レバレッジ 3.3倍
取り扱い通貨数 200種以上
取引手数料 Maker : 0〜0.1% / Taker : 0.055%〜0.2%
最低入金額 なし
日本語対応 ×
スマホアプリ対応

世界最大級の規模を誇る老舗取引所Bitfinex200種類以上の膨大な取扱銘柄の中には独占銘柄も複数存在し、日本語に非対応ながら多くの日本人ユーザーが利用しています。

仮想通貨FXトレーダーにとっての魅力は、やはりレンディングサービスで効率よく利益を上げることが出来ることです。取引以外にも利益を稼げる手段があるというのは、非常にありがたいと感じるユーザーは多いでしょう。

日本語には対応していないですが、円の入金は直接行えるので、クレジットカードの登録や仮想通貨での送金が面倒だと思っている方にはおすすめです。

ただネックとなるのは最大レバレッジが3.3倍と非常に低いことです。どちらかというと一般的な仮想通貨取引向けの取引所なので仕方ないですが、レバレッジ倍率がそのまま利益に直接関係する仮想通貨FXでは、デメリットと言える部分となります。

海外仮想通貨取引所の総合ランキングを知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

海外仮想通貨取引所のおすすめランキング15選 レバレッジや手数料でも徹底比較

仮想通貨FXにおすすめな海外FX業者ランキング9選

近年、特定の仮想通貨取引所に口座を開設せずにFXが可能な業者も増えているのが現状です。

取引所で行うFXに比べやや取り扱い通貨が少ないという傾向はあるものの、ビットコイン (BTC) など特定の銘柄のFXにおいては取引所を介さない方が優位に働くケースも存在します。

使いやすさなどからランキングとしてまとめたので、その特徴と併せて解説していきます。

1位 FXGT

仮想通貨 fx 海外

1,000倍レバレッジという桁違いの取引が可能な FXGT。海外FX事業者の中では最も仮想通貨のFXに力を入れている業者で、非常に充実したボーナスとスピーディな入出金が魅力です。

最低入金額500円から始められるハイレバレッジ取引が特徴となっています。ただ、一般的な証拠金残高の金額に応じたレバレッジ取引ではなく、保有通貨のポジションの数によってレバレッジが変動するダイナミックレバレッジという仕組みを採用されています。

仮想通貨FXをしている人なら知らない人はいない最もポピュラーな業者の一つなので、気になる方は是非チェックしてみてください。

FXGTについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください

fxgtアイキャッチFXGT (エフエックスジーティー) の評判は?メリット・デメリットを解説

2位 exness (エクスネス)

仮想通貨 fx 海外

exnessは自動化された即時出金と、無料VPSホスティング、透明性の高いティック履歴が特徴の海外FX業者です。

VPSとはバーチャルプライベートサーバーの略で、一般的なサーバーよりも高速かつ安全な取引が可能なプライベート接続を可能にしているものです。特に取引サーバーへのPingが常に0.4~1.25m/秒で安定しており、トランザクションデータが遅延なく即座に送信されます。

またexnessでは、トレーダーのトレーディング戦略に応じて口座を使い分ける事ができます。FXを始めたばかりの初心者には手数料無料で多機能なスタンダート口座、より高度な取引を行いたいトレーダーにはロースプレッド/ゼロスプレットモデルや、手数料0などを自由に選択できるプロフェッショナル口座が用意されています。

3位 BigBoss (ビックボス)

仮想通貨 fx 海外

BigBossは(ビッグボス)は仮想通貨FXの中でも、特にビットコイン (BTC) FXのトレードスペックに重点を置いている業者です。

今までは最大レバレッジが20倍と一般的なFX業者の平均値ほどの倍率のみの取り扱いでしたが、2021年10月から最大50倍へレバレッジ倍率が引き上げられ、取り扱う銘柄も9種類から30種類へ増加し、現在最も注目を浴びているFX業者の一つです。

仮想通貨FXに置ける取引手数料も、全銘柄一律で無料になり、より参入しやすくなりました。ビットコイン (BTC) FXにおけるスキャルピングをメインに運用したい場合、最もおすすめできる業者になっています。

4位 TitanFX (タイタンエフエックス)

仮想通貨 fx 海外

TitanFXは為替FXトレードのスペックが非常に高い海外FX業者です。仮想通貨FXが注目される流れの中で、TitanFXも2021年からビットコイン (BTC) を中心とした仮想通貨FX事業に本格的に参入しました。

最大レバレッジ倍率は500倍と非常に高いこと、ロスカット水準が20%と低く、トレーダーからすれば非常にロスカットされにくいのが特徴です。FX通貨ペアはもちろんのこと、メタルやエネルギー、株価指数CFDなど幅広い銘柄を取り扱っています。

また、日本語のローカライズも行っているので、海外FX業者に不慣れな方でもすぐに取引に参加することができます。

5位 FxPro (FXプロ)

仮想通貨 fx 海外

FxProは2006年にサービスを開始した、老舗の海外FX業者です。全世界170カ国にサービスを展開し、英国金融行動監視機構 (FCA) の承認を受けた高い信頼性が魅力です。

最大20倍のレバレッジ取引が可能で、取り扱い通貨も主要通貨をはじめとする14銘柄バランス良く小さくまとまったFX業者ですが、安定性の高さから利用者は非常に多いです。

また、仮想通貨以外の銘柄も多数取り扱っている関係上、サービスとしての評価や情報収集は日本国内でも集めやすいです。

FxProについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください

fxproアイキャッチFxPro (エフエックスプロ) は信頼できる?詳細情報と評判まとめ

6位 iFOREX (アイフォレックス)

仮想通貨 fx 海外23種類以上の仮想通貨に対応した仮想通貨FX業者 iFOREX 。最大レバレッジ400倍、初回入金ボーナスが最大で125%と、ハイレバレッジトレーダー、新規参入者に手厚いサポートが魅力です。

追証なしのゼロカットシステムを採用しており、リスク管理がしやすくなっています。それに加えて初回入金を1000ドル以上で有効保有額に対し3%の利息を受け取ることができます。

日本語でのカスタマーサポートが充実しているだけでなく、各種ボーナスキャンペーンなども頻繁に開催しており、非常におすすめのFX業者です。

7位 Tradeview (トレードビュー)

仮想通貨 fx 海外

為替FXなどで短期的な取引に慣れたトレーダーにおすすめしたいのがTradeviewという仮想通貨FX業者です。

ロスカット水準が100%と非常に高く、ある程度口座に余剰資金が無ければロスカットの回避が難しくなっているのが難点です。ただ、スプレッドはビットコイン (BTC) /日本円以外で非常に狭く、特に米ドル建てのビットコイン (BTC) FXではとても有利になります。

日本円での取引がしづらく、トレーダーを選ぶ業者ではあるものの、安全性が高く信頼性もあります。そのため、我こそはという方は一度検討してみると良いかもしれません。

Tradeviewについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください

tradeviewアイキャッチTradeView (トレードビュー) の特徴・評判まとめ

8位 TradersTrust (TTCM)

仮想通貨 fx 海外

TradersTrustは業界最狭とも言われるスプレッドと、入出金無料というのが売りのFX業者です。

トレード戦略に併せて3つのプランから選択することができ、口座残高200万円以上のVIP口座契約では、最大で3,000倍のレバレッジで取引することができます。

日本語に対応しているので日本ユーザーも多く、コミュニティも活発。今後も多くの通貨に対応していくとしており、将来性に期待出来る業者だと思います。

9位 FBS (エフビーエス)

仮想通貨 fx 海外

低スプレット、最大レバレッジ3000倍、豊富な口座タイプなどを売りにした有名FX業者FBS。プロサッカークラブであるレフター・シティ・フットボール・クラブの公式プリンシパルパートナーであり、ユニフォームに書かれた広告などで知った人も多いかと思います。

トレード戦略や取り扱い銘柄ごとに決まった口座を豊富に用意しており、近年は特に仮想通貨FXに力を入れている業者です。

プロモーションに力を入れている業種で、サービス内のプロモイベントの参加や入金・取引・ロット回収などで景品が貰えたりと、ユーザーに嬉しい様々な展開を行っています。

FBSについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください

FBSのアイキャッチ海外FX業者FBS (エフビーエス) を徹底解説!ユーザーの評判・口コミも調査

項目別おすすめ仮想通貨FXの海外仮想通貨取引所ランキング

レバレッジで選ぶ場合

1位 FXGT

FXGTは最大レバレッジ500倍と高水準の取引所です。

もちろん追証はなく、入出金手数料と取引手数料も無料という条件で仮想通貨FXを行えます。

FXGTはボーナスが豊富に用意されているのも魅力的です。

入金ボーナスも開催されているので、この機会にぜひ口座開設してみてください。

2位 CryptoGT (クリプトGT)

CryptoGTはなんといっても最大レバレッジが500倍で海外仮想通貨取引所の中でもトップクラスのレバレッジを誇ります

通貨の種類が豊富で、安定した約定力も評価されています。。ただ、ロスカット基準が証拠金維持率100%と高くなっているためその点は注意が必要です。

3位 Bybit (バイビット)

Bybitは最大レバレッジが100倍で、追証もないため取引に集中できる環境が整っています

また日本語対応していて英語が苦手な方でも安心です。

スマホアプリやサイトのインターフェースが見やすくて使いやすいのもポイント。

レバレッジだけで見ると500倍のCryptoGTなども選択肢としてありますが、総合力ではやはりBybitに分配が上がるでしょう。

手数料で選ぶ場合

1位 Bybit (バイビット)

手数料の面からもBybitは優れています。取引手数料が-0.025%〜0.075%と他の取引所と比べて非常に安く、手数料を気にせず取引できます

出金手数料も無料なので、少額からの出金も手軽に行えます。

2位 BINANCE (バイナンス)

BINANCEは一律0.1%と格安の手数料です。

これに加えて独自トークンバイナンスコインを手数料の支払いに利用すれば、さらに手数料が割引になるサービスも行っています

手数料面以外にも200種類を超える豊富な取り扱い通貨数、クレジットカードやLINE Payを利用した仮想通貨購入機能などが評価されています。

3位 Poloniex (ポロニエックス)

Poloniexの手数料は過去1ヶ月の取引量に応じて0〜0.125%で推移します。頻繁に取引を行えば行うほど手数料が安くなる仕組みになっているのが特徴です

入出金手数料に関しては無料となっているので、手数料面では申し分ないでしょう。

ただ日本語に非対応なので、英語に慣れていない方は他の取引所で慣れてから利用することをおすすめします。

仮想通貨FXを海外仮想通貨取引所で行うメリット

仮想通貨FXを行う上で、海外の取引所を利用しているトレーダーが非常に多いです。

トレーダーは自身の投資戦略に併せてプラットフォームや口座形態、銘柄を変える人が多いので、より多くの選択肢を持っていた方が有利に働きます。

そこでこの項目では、改めて仮想通貨FXトレーダーが海外取引所を選択するメリットについてまとめていきます。

仮想通貨FXを海外仮想通貨取引所で行うメリット
  • ハイレバレッジで取引ができる
  • 追証なしのゼロカットシステムを採用している
  • 流動性の高い取引所が多い
  • ボーナスキャンペーンが豪華
  • レバレッジ取引可能な通貨が豊富

ハイレバレッジで取引ができる 

海外取引所の多くは、日本国内では行えないようなハイレバレッジでの取引が可能なケースが多いです。

仮想通貨FXにおけるレバレッジ倍率というのは非常に重要な要素で、自身の利益率に直接関係してきます。

国内取引所ではビットコイン (BTC) でも数倍のレバレッジですが、海外ではアルトコインですら50倍以上のレバレッジ取引が可能な会社も存在します。

取引所の多くが追証なしのゼロカットシステムを採用している

海外取引所は高レバレッジの取引所が多い分、国内に比べてリスクが大きいのも事実です。

そのため、海外取引所にはゼロカットシステムというマイナス損失分を業者が負担する仕組みが一般化しつつあります。これは国内取引所には無い要素です。

ゼロカットシステムはロスカットが間に合わず、口座残高が無くなってしまった人に向けた仕組みです。この仕組みの上では追証がなく、借金を背負うというリスクがありません。

当然ロスストップ、ロスカット等でポジションによる強制的決済、または手動決済をすることが前提となり、投じた分の資金を失うというリスクはあります。

流動性の高い取引所が多い

世界中で利用される海外取引所の多くは、主に日本人をメインターゲットに据えた国内取引所に比べ、取引や人の流動性が高いです。

これは注文が比較的通りやすく、一つの取引における手数料が比較的安い、スプレッドが狭いという部分に繋がってきます。

仮想通貨FXでは1秒を競う取引が日々行われており、注文の通りやすさはトレーダーの利益に直接関わって来ます。

ボーナスキャンペーンが豪華である

国内取引所に比べて海外取引所はボーナスキャンペーンなどを豪華に行っている企業が多いです。

口座開設、入金完了、取引、友達紹介、上場記念など、比較的頻繁にユーザーに利益を還元する企業も多く、国内取引所に比べてユーザーの流動比率が多いのはこういった背景も理由にあります。

国内取引所は金融庁からの締め付けが多いことも影響して、あまり豪華なボーナスキャンペーンを行えないのも現状です。

具体的にどのようなボーナスがあるのか、簡単にご紹介いたします。

口座開設ボーナス

多くの取引所が行っている口座開設ボーナス。実は他のボーナスに比べて国内取引所でも行っているケースも多いです。

実施している取引所が多く、ボーナスとして配布されたものは登録後取引時の元手として利用できるので、トレーダーとしてもありがたいボーナスの一つです。

開設口座によってはそれだけで取引を開始できるので、UIの使用感などを確かめるデモ取引のような感覚で利用することもできます。

入金ボーナス

ここで言う入金ボーナスは、多くの場合初回入金時に受け取る事が出来るボーナスのことを指します。

入金額の数%を還元するというモデルが一般的で、取引所によってボーナス時のパーセンテージは異なります。

登録した時はもちろん、取引所の運営元や取引システムが変わった時や、新しい支払い方法に対応した時などに何度も受け取れる機会があるキャンペーンでもあります。

取引ボーナス

取引ボーナスは口座開設後、トレーダーの取引量に応じて定期的に受け取れるボーナスです。

報酬額は各社それぞれ異なり、中にはこれを目的として取引所を選択する人もいます。

入金ボーナスと混同されがちですが、こちらは基本的に取引後に自分の取引実績をもとにボーナスが支払われ、取引量の指定がない取引所の場合は取引時点で報酬が支払われることになります。

上場ボーナス

上場ボーナスは新しい仮想通貨銘柄が上場した際に受け取ることができるボーナスです。場所によっては国内取引所でも行っている取引所が多いイメージです。

内容は企業によって変わりますが、キャンペーン期間に上場した銘柄の取引量に応じて報酬を配布するという仕組みが一般的です。

受け取るにあたって、「~以上の対応通貨の購入」など条件がつくこともあります。

友達紹介ボーナス

その名の通り、友達紹介によって得られるボーナスです。

招待コードを経由して他のユーザーが登録した時に報酬が発生し、紹介した人がその後どれだけ取引したかに応じて追加報酬が払われる場合もあります。

レバレッジ取引可能な通貨が豊富である

海外取引所で仮想通貨FXを行う最大のメリットは、レバレッジ取引に対応している通貨が国内取引所に比べて圧倒的に多いという点です。

選択肢の多さはチャンスの多さでもあり、トレーダーにとって利益を増やす重要な要素です。

前述したようにアルトコインに最大50倍のレバレッジをかけられる取引所も存在し、マイナー通貨であればあるほど高いボラティリティを持つため、価格が高騰した時のリターンも多いです。

仮想通貨FXを海外仮想通貨取引所で始める方法

多くの海外取引所では日本円に対応していないため、まずは支払い方法を確認しましょう。

ここでは国内取引所で仮想通貨を購入し、海外取引所に送金する方法をご紹介していきます。

国内の取引所ビットコイン (BTC) を購入する

まず日本円をビットコイン (BTC) に変える必要があるので、国内取引所を利用しましょう。

すでに利用している取引所がある場合、新しく口座を開設する必要性などはありませんが、新規口座開設の場合でオススメなのはCoincheckです。

UIが使いやすく手数料も安いですし、ビットコイン (BTC) 以外の取り扱い通貨も豊富な取引所です。

海外取引所へ送金する

ビットコイン (BTC) を使って支払えるものもありますが、仮想通貨FXでは無名なアルトコインへ投資する場合に、特定の海外取引所を介する必要がでてくる場合も多いです。

その場合は購入したビットコイン (BTC) をアルトコインが豊富な海外取引所に預ける必要があります。

おすすめは、手数料が安く取り扱い通貨の多いBybitです。

海外取引所で通貨を購入する

入金の受け取りが完了したら、目当ての仮想通貨を購入し取引を開始します。

具体的な仕様は選択した取引所によって異なりますので、公式サイトのガイドラインを参考にしてください。

仮想通貨FXを海外仮想通貨取引所で行う際の注意点

ハイレバレッジやゼロカットシステムなど、仮想通貨FXにおいて海外取引所を利用するというのは大きなメリットがあります。

一方で、海外取引所ならではのデメリットも当然存在するので、どういった部分に注意して利用していけばよいのかまとめていきます。

仮想通貨FXを海外仮想通貨取引所で行う際の注意点
  • 初心者はレバレッジを抑えて取引をする
  • 手数料の合計を計算する
  • 送金アドレスを間違えないようにする

初心者はレバレッジを抑えて取引をする

海外取引所が高いレバレッジ取引に対応しているからと言って、取引自体に慣れていない初心者の方が無理に高レバレッジ倍率で取引を行う必要性はありません。

一瞬で大きな損失を背負ってしまう可能性は国内取引所の低レバレッジと比べて当然高く、知識のない初心者が挑戦するにはあまりにもリスキーです。

まずは小さいポジションでレバレッジを押さえた取引を行い、流れや仕組みに慣れるところから始めましょう。

手数料の合計を計算する

仮想通貨FXで利益を安定化させるためには、取引にかかるコストにも気を配るべきです。

海外取引所は国内取引所に比べ料金体系が複雑で手数料システムになっている場合が多く、取引を繰り返している内にコストとの採算がとれているか分かりづらくなってしまいます。

取引所ごとに決まった手数料や、運用コストは常に確認できるようにしておきましょう。

送金アドレスを間違えないようにする

仮想通貨の入金を行うには、送金アドレスを利用することになります。

アドレスを間違って入金が決済されてしまうと、仮想通貨の仕組み上、戻って来ない場合が多く、失ってしまうリスクがあります。

そのため現物に比べ、より一層操作ミスには気をつけなくてはなりません。システムに頼らず、しっかり自分でミスを防止する癖をつけましょう。

仮想通貨FXを海外仮想通貨取引所で行う際によくある質問

どうやって口座開設を行えばよいですか?

まずは本人確認に必要なメールアドレス本人確認書類を用意しましょう。

これら2点を用意して各取引所の指示に従っていけば問題なく口座開設ができるはずです。

特にBybitなどは本人確認書類が不要でメールアドレスだけで手軽に口座開設できるのでおすすめです。

国内仮想通貨取引所と海外仮想通貨取引所ではどちらがおすすめですか?

国内仮想通貨取引所は日本の金融庁の規制により最大レバレッジが2~4倍と小さく、また追証が請求されるので仮想通貨FXには不向きであるというのが実情です。

一方海外仮想通貨取引所は基本的に最大100倍を超えるハイレバレッジで取引でき、追証なしのゼロカットシステムが採用されているため借金をするリスクもありません。

ただもし金融庁の認可を得ていない海外仮想通貨取引所で資産を失った場合、保証はなく自己責任となります。

よって安全性をとるのであれば国内仮想通貨取引所の利用もありですが、結論仮想通貨FXに向いているのは海外仮想通貨取引所といえます。

仮想通貨FXの海外仮想通貨取引所に関するまとめ

仮想通貨FXは少ない資金で大きな利益を得られる魅力的な投資方法ですが、その分リスクもあるため注意して取引しましょう。

また仮想通貨FXをする取引所選びも重要です。自分が何に重きを置いているのかを軸にしっかりと考えて選ぶようにしましょう。

たとえば最短で大きな利益を得たいのであれば最大レバレッジができるだけ高い取引所を選んだ方が有利ですし、頻繁に利用するから手数料を抑えたいのであれば手数料の安い取引所を選びましょう。

みなさんもぜひ今回の記事で紹介したことを参考に自分にあった取引所を見つけてみてください。